雨漏りや屋根の修理に火災保険?と驚かれるかもしれません。
そうですよね。
名前が火災保険なので火災の時にしか利用できないと思われている方がほとんどです。
もちろん火災による損害を補償するものなのですが、実は意外に保険の適用範囲が多いんです。

例えば台風や突風、大雪などにより瓦がズレてしまった。
めくれてしまった。
雨どいが壊れてしまった。
曲がってしまった。
カーポートやテラスに雪が落ちてきて割れてしまった。
なども火災保険の適用範囲なので保険で修理できることがほとんどです。

火災保険は車の保険と違い、保険を使っても保険料が変わることはありません。

実際に火災保険が適用された一例

雪で雨どいが曲がってしまった場合

雪で雨どいが曲がってしまった場合

雨どいが曲がって変形しています。
雪がまとまって落下してきたことにより曲がってしまったものなので火災保険が適用されました。

突風で板金部分が剥がれた場合

突風で板金部分が剥がれた場合

突風により板金部分が剥がれめくれあがってしまっています。
自然災害のため火災保険が適用されました。

雪でテラスのポリカが割れた場合

雪でテラスのポリカが割れた場合

雪の塊が落ちてきたことによりテラスのポリカが割れたため、火災保険が適用されました。

雪で筒瓦が崩れた場合

雪で筒瓦が崩れた場合

筒瓦が雪の影響により崩れてしまったため、火災保険が適用されました。

雪で棟が倒壊寸前の場合

雪で棟が倒壊寸前の場合

雪で棟が引っ張られ倒壊寸前です。
もう少しで、このまま落ちてきてしまうところでしたので、火災保険が適用されました。