雨漏りを放置すると、大変なことになることもあるんです。


岐阜県関市の雨漏りの現場です。

小さな雨漏りに気がつかづ、長年放置していて、気が付いた時には、屋根の下地が腐食して、穴が開いていました。とても危険な状態です。

雨漏りだけでなく、瓦が落ちてきたり、2次災害にもつながってしまいます。

このままでは、瓦の施工ができないため、屋根の下地補強をしていきます。

屋根の強度を保つ、垂木が腐食していたため、垂木交換をして、頑丈な屋根下地にしていきます

この垂木補強工事が大事

垂木補強をしないと、強度も弱く、瓦をのせることもできず、小さな地震がきたら、崩れてしまうから       

垂木補強後は、野地板を張っていきます。これで人乗ってジャンプしても大丈夫

野地板の上に防水のゴムアスルーフィングを張ることで雨漏りしません。頭のいい人が開発した、屋根用の防水紙です便利な世の中です

ここまでくれば、後は、めくった瓦の復旧です。下地にしっかり手間を掛けたので、瓦施工は、お茶の子さいさいです

何事も、下準備がたいせつ

完成これで雨漏りはしません。この工事2人で1日で終了でした。