雨漏り点検


愛知県、岐阜県の屋根工事.修理.リフォームの岐阜県関市のいけど瓦やです。

先日、たくさん雨が降りましたね。台風はこなくて何よりでした。(*^。^*)

その時に雨漏りが...ということで2件の雨漏り点検依頼をいただきました。

早速お伺いしてみると...ふむふむ(--〆) 1件は人災...つまり施工ミスでした。

同業者なのですが なぜこれで仕上げにしてしまうのか...こういうことがあるたびに疑問に思います。

雨漏りにありがちな写真を少し載せてみます。(パソコンが壊れてしまったので最近のものしかなくなってしまってますが...)

塚原邸 こちらは、一番上の棟瓦の下に瓦をもう1枚カットしていれなくてはならないのに入れてないためここから雨水が入ってしまっていました。P1030045 こちらは 瓦の一番凹んだ部分が壁際の終わりになっています。一見 なぜ?とおもいがちなのか割とこのような施工がありますが 水は当然のことながら低いところへ流れます。そしてこれだと流れ着いた先はのし瓦の下...つまり漆喰の中に入ったりそのまま家の中に水がはいってしまったりとなります。P1020668そしてこちらは瓦の寿命も過ぎてしまって雨漏りし下地まで水がいってしまった状態です。

P1020307こちらは谷板が酸性雨の影響で穴があいてしまっての雨漏りです。

定期的に点検することで未然に防げる雨漏りもたくさんあります。無料点検を行っていますので定期点検にお役立てください。