屋根確認❗️こんなに下地が腐ってる❓

屋根確認❗️こんなに下地が腐ってる❓

こんにちは。

今回は、棟部の劣化について紹介します。

棟部が釘で固定されていると危険です。

棟部の固定が釘で行われている場合は、木下地が気温の影響により、膨張伸縮することで釘が浮いてきてしまいます❗️

釘が浮いている写真

浮いてきた釘部分から水が入ってしまいます❗️

そのまま放置してしまうと、木下地が腐食してしまい雨漏り原因になったり、台風などの強風で飛んでしまったりしますので、注意が必要です❗️

木下地が腐食してしまっている写真

こうなってしまうと、釘が効かなくなり危険ですので早めの対策が必要となります❗️

対策方法❗️

対策方法としては、棟部を積み直すことです。

解体

まず、既存の棟部を解体していきます。

中の目下地がかなり腐食しています。

これはかなり危険な状態です。

棟部を解体している写真

掃除

解体後、綺麗に掃除していきます。

屋根を掃除している写真

木下地取り付け

木下地を取り付けていきます。

木下地が腐食しないように樹脂の桟木を取り付けることが重要です❗️

この一手間がとても大切です❗️

下地を取り付けている写真

南蛮漆喰塗り

南蛮漆喰にて施工していきます。

南蛮漆喰を塗っている写真

棟瓦固定

パッキン付きビスにて固定して完成です。

パッキン付きビスで固定している写真

完成

完成です。

完成写真

関市の屋根工事&外壁塗装工事専門店です。

雨漏りや外壁の傷みのある方

まずはお見積ではなく、現状の把握に

無料診断をご利用くださいませ

0575-29-8550お待ちしております

雨漏りの施工事例はこちら

外壁塗装はこちら

いけど瓦やです。

本年度より、新規事業として塗装工事事業を開設いたしました。

どこへ頼んだらいいのか分からないようなプチ塗装(ウッドデッキ)や、外壁塗装まで対応しています。興味があれば一度ご連絡して下さい。^_^

好きな色を選んで、新しい暮らしを