この屋根材は葺き替えるかカバー工法をするしかありません❗️

この屋根材は葺き替えるかカバー工法をするしかありません❗️

こんにちは

今回は、薄型スレート瓦のパミールについて紹介します。

パミールとは❓

薄型スレート瓦の中の屋根材の商品の一つです。

このパミールは抄造法で製造されています。

抄造法は、ミルフィーユの様に何枚もの層を重ねて製造しています。

この屋根材が販売されたのは、アスベストの使用が禁止された時期となります。

なので、パミールはアスベストが入っていません。

パミールの写真

パミールの写真です。

パミールの劣化症状❗️

○屋根材がミルフィーユのようにどんどん剥がれてくる

○ひび割れの発生

○色褪せ

○チョーキング現象

○屋根材の反り

○コケの発生

○棟部の板金の劣化

パミールの劣化写真

パミールの劣化写真です。

パミールの劣化写真

パミールの劣化写真です。

パミールの劣化で危険な劣化状況❗️

パミールの劣化はいろいろありますが、問題になっている劣化症状があります。

それは、屋根材の表面が劣化して水を吸ってしまうと、層と層が分裂しミルフィーユのようにどんどん剥がれてくることです。

普通の薄型スレート瓦は、劣化してもミルフィーユのように剥がれてくることはありません。

一度剥がれてしまうとどんどん剥がれてしまうため、塗装では保護できません。

そのため、パミールの改修方法は葺き替えかカバー工法になります。

パミールの劣化写真

パミールの劣化写真です。

パミールの劣化写真

パミールの劣化写真です。

パミールの改修方法について❗️

今回は、既存の屋根材を撤去せず、上からカバーする方法を紹介します。

カバー工法は、既存の屋根材を撤去しないため、撤去にかかる人件費や処分費がかからないため、費用を抑えることができます。

ただ、あまりにも劣化が酷く、下地が腐食している場合は下地から直すことが必要になるので、葺き替え工事が必要になります。

では、施工手順を紹介します。

既存の棟を撤去

既存の棟を撤去します。

木下地も撤去してしまいます。

棟部を撤去している写真

棟部を撤去している写真です。

ルーフィング貼り

雨漏りしないようにルーフィングを貼っていきます。

下から順番に貼ります。決められた重ねを守りながら貼ります。

ルーフィングを貼っている写真

ルーフィングを貼っている写真です。

下地の取り付け

屋根材を取り付けるための下地を取り付けていきます。

しっかりと墨出しして、寸法を間違えないように取り付けていきます。

下地を取り付けている写真

下地を取り付けている写真です。

屋根材の荷揚げ

屋根材を荷揚げします。

適当に置いていくのではなく、作業がしやすいようにキレイに並べていきます。

屋根材を荷揚げしている写真

屋根材を荷揚げしている写真です。

屋根材の取り付け

屋根材を一枚一枚釘で固定しながら取り付けていきます。

屋根材を取り付けている写真

屋根材を取り付けている写真です。

屋根材を取り付けている写真

屋根材を取り付けている写真です。

棟部の施工

最後に棟部を施工します。

土は使用せず、南蛮漆喰にて施工します。

棟部を施工している写真

棟部を施工している写真です。

完成

完成です。

完成写真

完成写真です。

完成写真

完成写真です。

まとめ

パミールは、塗装で保護できないため、注意しましょう❗️

しっかりと専門の方に見てもらい依頼することが大切です。

間違っても塗装できますと言う業者さんには気をつけましょう❗️

 

関市の屋根工事&外壁塗装工事専門店です。

雨漏りや外壁の傷みのある方

まずはお見積ではなく、現状の把握に

無料診断をご利用くださいませ

0575-29-8550お待ちしております

雨漏りの施工事例はこちら

外壁塗装はこちら

いけど瓦やです。

本年度より、新規事業として塗装工事事業を開設いたしました。

どこへ頼んだらいいのか分からないようなプチ塗装(ウッドデッキ)や、外壁塗装まで対応しています。興味があれば一度ご連絡して下さい。^_^

好きな色を選んで、新しい暮らしを