雨漏りって実際に症状が出てこないと気づかないんです。

雨漏りって実際に症状が出てこないと気づかないんです。

こんにちは。

まだまだ暑い日が続きますね。

さて、今回は雨漏りについて紹介します。

雨漏りってすぐに気付けるの?

新築時の施工不良や経年劣化での雨漏りなどはすぐに気付くことができません。

雨漏りに気付けるのは、実際に水が漏れてきたり、シミが出てきた時に気付くことがほとんどです。

気付いた時には、中の下地が腐食している場合もあり、修理にかなり費用がかかることもあります。

雨漏り事例 軒天

今回は、軒天に雨漏りのシミがある事例の紹介です。

軒天にシミがある写真

軒天にシミがある写真です。

軒天の雨漏りの原因は、屋根の瓦の施工不良によって起きます。

ケラバ(切妻屋根の妻側の端部)と呼ばれる場所の施工不良となります。

本来、ケラバ瓦の下に入った水は、ケラバ瓦の下にある水切りを伝って外に排出される役割になっています。

しかし、雨漏りしている時はケラバ瓦の下の水切りが無い場合と水切りは取り付けてあるが水切りに水が落ちず、雨漏りしている場合があります。

これは、完全に新築時の施工不良が原因となっています。

ケラバ水切りが無い場合の雨漏り修理方法

ケラバ瓦と周辺の瓦を一時撤去

ケラバ瓦と周辺の瓦を一時的に撤去します。

ケラバを撤去している写真

ケラバを撤去している写真です。

腐食部分の交換

雨漏りに気付かず年数が経ってしまっていると中の下地が腐食していることがあります。

その場合は、下地の交換を行います。

木下地を交換している写真

木下地を交換している写真です。

水切り取り付け

水切りを取り付けます。

この水切りがとても重要となります。

水切りを取り付けている写真

水切りを取り付けている写真です。

最後に瓦を復旧して完成です。

ケラバ水切りはあるが水切りに水が落ちず雨漏りしている場合の修理方法

ケラバ水切りが入っているのに雨漏りしている場合は、一度ケラバ瓦を撤去し、ケラバ下の平瓦を切断し、水切りに水が流れるようにしてあげることで雨漏りは止まります。

ケラバから雨漏りしている写真

ケラバから雨漏りしている写真です。

上記の赤い線から左を切断することで下の水切りに水が伝うようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

雨漏りは気付いた時には、下地が腐食していたりすることが多いため、注意が必要です。

しっかりと知識のある業者さんに依頼することが大切です。

関市の屋根工事&外壁塗装工事専門店です。

雨漏りや外壁の傷みのある方

まずはお見積ではなく、現状の把握に

無料診断をご利用くださいませ

0575-29-8550お待ちしております

雨漏りの施工事例はこちら

外壁塗装はこちら

いけど瓦やです。

本年度より、新規事業として塗装工事事業を開設いたしました。

どこへ頼んだらいいのか分からないようなプチ塗装(ウッドデッキ)や、外壁塗装まで対応しています。興味があれば一度ご連絡して下さい。^_^

好きな色を選んで、新しい暮らしを