岐阜県関市悪徳訪問業者続出中

岐阜県関市悪徳訪問業者続出中

 

訪問業者とは

訪問販売業者のことです。

お客様が呼んでもいないのに、向こうから勝手に来て家の悪いところを直さなければいけないと不安を煽る業者です。(中には、そんな悪い業者ではない方もいます。)

訪問業者が狙う手口

1・シロアリ

これは、しっかりと調査もせず、シロアリの被害にあった家の写真を見せあなたの家もほかっておくとこうなりますよと不安を煽り、シロアリの駆除として湿気が一番良くないので床下に訳のわからない換気扇を取り付けていきます。

中には、この換気扇が電源すら入らないものもあります。

これで多額の工事代金を請求してきます。

2・屋根

屋根の上にも登らず、下から見てここが悪い・あそこが悪いなどと不安を煽ってきます。

典型的な例として良くあるのが、漆喰が剥がれてきているから雨漏りしますよや瓦がズレてきているので台風で飛んでいってしまいますよです。

こういった業者の得意工事は、漆喰塗りとラバーロック(瓦をボンド止め)です。

簡単に言えば、本当の瓦屋ではないため、このような工事しかできません。

雨漏りしないように漆喰を塗るのではなく、雨水が入ってきているから漆喰が取れてきているのであって本当の原因を探さない限り、漆喰は剥がれてきます。

瓦ボンド止めについては、間違ったところにボンドを打つと瓦の性能として表面を流れる水と瓦と瓦の間から入った水を流す性能の部分をボンドがダムとなって水が出てこれなくなり、雨漏りに繋がってしまいます。

ラバーロックがしてある写真

ラバーロックがしてある写真です。

ラバーロックがしてあることで中に水が溜まり雨漏りしていました。

雨漏りしている写真

雨漏りしている写真です。

3・雨樋

雨樋をタダで修理できますよと言ってセールスしてきます。

これは、火災保険を使ってタダで直すと言うやり方です。

岐阜県は、雪が多い県のためあたかも雪で壊れたように見せかけ自分たちで壊して火災保険を降ろそうとする手段です。

そして、火災保険が降りなかった場合、自分達が壊した雨樋はそのままです。

雨樋が破損している写真

雨樋が破損している写真です。

4・外壁

外壁は、シーリングが悪くなって雨漏りしますよなどと言って不安を煽ってきます。

しかし、工事の際に既存のシーリングを撤去せず、上から薄く打ったりして誤魔化します。

撤去せず、増し打ちしてしまうとすぐに剥がれてきたり、ひび割れしてしまいます。

塗装も下塗りを塗らなかったり、上塗りを1回しか塗らなかったりするため、数年で色褪せてきたり、剥がれてきたりします。

シーリングの増し打ちがしてある写真

シーリングの増し打ちがしてある写真です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

悪徳な訪問業者には気をつけましょう。

やはり地元の業者さんが安心ですね。

 

関市の屋根工事&外壁塗装工事専門店です。

雨漏りや外壁の傷みのある方

まずはお見積ではなく、現状の把握に

無料診断をご利用くださいませ

0575-29-8550お待ちしております

雨漏りの施工事例はこちら

外壁塗装はこちら

いけど瓦やです。

本年度より、新規事業として塗装工事事業を開設いたしました。

どこへ頼んだらいいのか分からないようなプチ塗装(ウッドデッキ)や、外壁塗装まで対応しています。興味があれば一度ご連絡して下さい。^_^

好きな色を選んで、新しい暮らしを