関市のH様より屋根診断のご依頼をいただきました。


関市のH様より屋根診断のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

H様も中日新聞さんの記事を見てくださりお電話をいただきました。

雨漏りしていたので窓から見たら瓦がズレていて棒で直したけどまだ雨漏りしているので見て欲しいとのことでした。

雨漏りの放置期間が長期間になっていたため、瓦がズレてしまいそこから雨漏りし、下地の木材、垂木、裏板などが腐ってしまって底が抜けてしまっていました。また、隅棟も倒壊してしまって瓦が落ちる寸前でした。

他に、温水器が載せてあったところの瓦がボロボロになってしまっていました。

無料修理の対象となる工事部分を8日にお伺いして修理させていただきました。瓦のズレを直し、これ以上抜けてしまうことの無いように修理し、隅棟の危ない箇所を外し、ご自宅にあった瓦を使用しボロボロの瓦と交換しました。

無料修理の簡単な処置できありますが、これですぐにどうかなってしまうことはないかと思います。

また、この先維持していかれるのであれば最低限修理をした方がいい箇所のご提案をさせていただきました。