富加町のT様より屋根診断のご依頼をいただきました。


富加町のT様より屋根診断のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

折り込み広告をご覧いただき、お電話をいただきました。

診断の結果、離れ2軒と母屋の診断をさせていただきました。

離れの1つは大正時代の建物であったため瓦の耐久年数が過ぎ、屋根に穴が空いてしまっていました。

もう1つの離れにおいては築30年ほどでしたが瓦の凍て割れが多々あり、寒い地域にはよく見られる現象でした。

特に棟部が傷んでいました。

離れ1については、垂木と野地板の補強工事、瓦の復旧工事のご提案。

離れ2については新しい瓦による棟の積み直し工事、桟瓦の差し替え工事のご提案。

母屋は、筒瓦に雨水が入り、腐ってしまっていたのでやり直し工事、谷板が鉄であったためステンレスへの交換工事をご提案させていただきました。

 

その後、ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

しばらくお待ちいただくことになり、大変申し訳ございませんがよろしくお願い致します。