丈夫で長持ちする屋根瓦施工法&雨漏りしない瓦修理。


屋根の工事って、誰が行っても同じなんて、思ったら大間違い

誰がおこなったかが、一番大切なんです。

建築は、職人力が一番なんです。そして、いい材料を使用することです。

最近多い工事が、乾式の棟部のやり替え工事なんですが、この工事もやはり職人力と、いい材料が命

乾式の棟部の15年ほど経過した瓦下地の木部が下の写真です。

瓦を固定してあった釘から雨が入り、木下地が腐食してしまっています。これでは、瓦固定の釘もきいてはおらず、台風等で飛んでしまい、雨漏りの原因にもなってしまいます。

工事方法は、

腐食した木下地を交換します。最近では、人口木を使用したりします。この人口木、優れもので、一生腐食しません下の写真の人口木を使用することをお勧めします。

続いて、南蛮漆喰を使用して施工していきます

仕上げに瓦を釘でなく、ステンレスビスで固定して完成です。