屋根の葺きかえ


愛知県、岐阜県の屋根工事、修理、リフォームの岐阜県関市のいけど瓦やです。

年が明けてから早いものでもう半月経ちましたね。いつの頃からか本当に月日が経つのが早くなってきてなぜでしょうね...気になったので軽く調べてみました。

その現象はジャネーの法則といわれ、それは
主観的に記憶される年月の長さは、
年少者にはより長く、年長者にはより短く評価される

という現象を心理学的に解明した法則です。
要するに、
「人が感じる月日の流れ」や「過去を振り返った際の時の流れの早さ」に対する感覚は
若い頃は遅く 歳をとるにつれて短く早く感じるようになる ということです。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどですが、
5歳の人間にとっては5分の1に相当します。
よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間です。
1歳の人の1日が50歳の人の50日にあたることになります。

どうしてこのようなことが起きるのかというと、
感受性が豊かな子供の頃の経験は
新鮮な驚きに満ちているため経験の内容が豊富で長く感じられ、
大人になるにつれ新しい感動が少なく単調になり早く時が過ぎるように感じるから。だそうです。

まっ それは置いといて今年初の屋根の葺きかえ工事です。天候もよく絶好の葺きかえ日和 :-P大きな家なので、まずは大屋根のみをめくり仕上げてから下屋に移ります。

2014-01-14 08.09.33上だけを先にめくります。

2014-01-14 08.29.03

 

瓦をめくったら温水器をおろし、屋根土を撤去。その後 きれいに屋根の上、天井裏まで掃除をしたら長年経つうちにガタガタになってきた下地を作っていきます。

足元の危険が伴いますがみんなで気を付けながら一生懸命頑張ります。

どんな完成になるでしょうか。経過を載せていきます。