多治見市のM様より屋根診断のご依頼をいただきました。


多治見市のM様より屋根診断のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

棟がおかしいので見て欲しい。とお電話をいただきましてお伺いしたところ昔の平板瓦だったため瓦の幅が小さくて葺き土に雨があたり土が流れてしまっていて棟が崩れてしまっていました。

谷板も銅板施工だったため酸性雨により穴あきが見られましたのでステンレスへの変更をおすすめしました。また袖瓦も大切な水切り施工がしてなかったため下地の木が腐り瓦が浮いてきてしまってました。

ただ棟を直すだけでは3年後4年後にはまた同じことになってしまうため、長年耐えられるように瓦の大きさを変えるご提案をさせていただきました。同時に袖瓦の水切り施工もご提案させていただきました。

M様より雪によりフェンスが壊れてしまった。とのお話もあり一緒に雪止めの施工もご依頼いただきましてご契約をいただきました。

4月にお伺いさせていただくことになりますがよろしくお願いいたします。