梅雨突入


岐阜県関市の屋根修理.リフォームのいけど瓦やです。

いよいよ今年も梅雨入りしましたね。なんでも11日早いとか...

少し前から昼間はかなり暑かったり、でも朝晩は寒かったりと続いて早めの梅雨入り。。

天気がおかしい気がしますね。梅雨に突入すると常に天候状態に左右される瓦仕事は先が読めずイヤな時期です。ご存知の方もいらっしゃるとは思いますがこの時期の屋根瓦の状態は痛む季節なんです。というと雨が降るから?となりますが実は違うんですよ。

原因は 湿度!なんです!!

なぜ?と思っていただけましたらこの先も読んでください。 😉

湿度は屋根にとって天敵です。なぜなら屋根下地は木ですよね?

その下地を腐らせてしまい屋根瓦や漆喰にカビが発生してくるんです。

こうなると悪の連鎖です。 😎

悪い奴が笑ってます。 :mrgreen: カビどころかコケも生え瓦が傷みます。

じゃあどうしたらいいの?(>_<)となりますよね。

こんなことにならないように いけど瓦やでは屋根換気を重視して取り組んでます。

瓦と屋根下地との間に空気の流れを作り 梅雨時期の湿気や冬場の結露から屋根を守ります。

日本は四季のある国です。この日本の風土に合った屋根をきちんと作って大切な家を次世代まで守っていけるようにしなくては...