屋根 おすすめできない修理

屋根 おすすめできない修理

こんにちは。

昨晩はすごい雷と雨でしたね。とてもびっくりしました。

今年は、雨が多いのでパッとしない夏になっていますね。

さて、今回はおすすめできない修理について紹介したいと思います。

おすすめできない屋根修理

屋根の修理には、色々とありますが修理することにより、屋根の状況が悪くなり、数年後に雨漏りしてしまうような修理もあるので、注意しないといけません。

おすすめできない修理 その1 ラバーロック

ラバーロックとは、瓦がズレ落ちないようにコーキングなどのボンドで瓦と瓦を接着する工事になります。

まず、第一にこの工事で雨漏りが止まることは100%あり得ません。

なぜなら、瓦と瓦をくっ付けただけのズレないためだけの工事だからです。

では、なぜこの工事が数年後雨漏りなどに繋がるのか?

瓦の水が流れる仕組みとして、表面を流れる水と瓦と瓦のジョイントから水が入り、瓦の内部を通った水が下の瓦から出てくる特性があります。

そのため、ボンドを瓦に打ってしまうと瓦と瓦のジョイントから入った水がボンドがダムとなり、せきとめられて外に水が出てこれなくなり、家の中に逆流し雨漏りします。

平瓦の山の部分へのボンド接着は大丈夫ですが、谷部分までボンド接着してしまうと水が出てこれなくなり、雨漏りします。

また、棟部分へのラバーロックは必ず雨漏りの原因になりますので、やってはいけません。

ラバーロックしてある写真

ラバーロックしてある写真です。

ラバーロックしてある写真

ラバーロックしてある写真です。

ラバーロックしてあることで雨漏りしている写真

ラバーロックしてあることで雨漏りしている写真です。

おすすめできない修理 その2 漆喰の重ね塗り

漆喰を塗り替える工事は、よくありますがポイントがあり、必ず既存の古い漆喰を剥がして塗り替えてください。

中には、漆喰を剥がさずに重ね塗りする業者もいますが、これは雨漏りの原因になるため、やってはいけません。

それでは、なぜ雨漏りに繋がるかと言うと、基本屋根は瓦で雨水を防ぐのであって、漆喰で防ぐわけではないからです。

重ね塗りをすることにより、瓦からはみ出るような形になるため、水が当たりやすくなり、雨漏りしてしまうのです。

人間で言うと肩幅の広い人が肩幅の狭い人よりも同じ傘をさした時に、濡れやすいのと一緒のことです。

そのため、古い漆喰を剥がしてから漆喰の塗り替えを行なってください。

漆喰の重ね塗りしてある写真

漆喰の重ね塗りしてある写真です。

まとめ

この上記2点の工事を薦めるのは、訪問業者が多く、屋根工事をするのであれば、地元の信頼のできる屋根屋さんにお願いすることをおすすめします。

 

関市の屋根工事&外壁塗装工事専門店です。

雨漏りや外壁の傷みのある方

まずはお見積ではなく、現状の把握に

無料診断をご利用くださいませ

0575-29-8550お待ちしております

雨漏りの施工事例はこちら

外壁塗装はこちら

いけど瓦やです。

本年度より、新規事業として塗装工事事業を開設いたしました。

どこへ頼んだらいいのか分からないようなプチ塗装(ウッドデッキ)や、外壁塗装まで対応しています。興味があれば一度ご連絡して下さい。^_^

好きな色を選んで、新しい暮らしを